FC2ブログ

よしだ家の元気でなにより。

よしだ家の屋根裏でおきている出来事を公開しております。

2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

(つぶやきです。)

新型コロナウィルスで騒がれてますね。
先日、青森県でも感染が確認されました。

自分の身は、自分で守らないと!

ということで、いろいろ調べていると

やはり大事なことは



「手洗い、うがい、人ごみに行かない」→防除策(コロナが入ってこないため)

「免疫力を高める」→対処策(体内に入ってきたときにやっつけるため)


(ふむふむ、にんにくの栽培と全く同じですね。)



「免疫力を高める」方法としては

・腸内環境を整える
・体温をあげる


だそうです。

腸内環境とは善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスの事ですね。
(これまた土づくりとおんなじです。)

そういえば、中国滞在中や東南アジアに旅行中は
「ミヤリサン」に大変お世話になったことを思い出しました。

「ミヤリサン」とはズバリ善玉菌そのものが錠剤になったもので整腸剤の一種です。

腸内環境を悪化した時に、友達からもらって、生き返ったことがあります。
神様到来した感じです。

それからというもの、私は家族みんなで日々飲んでます。


外からの異物に対して、この菌達が頑張ってやっつけてくれるんですね。

この善玉菌たちは、ヨーグルトや納豆、味噌、こうじなど発酵食品にも入ってますから
日々摂取しやすいですね。


腸内環境を整えるために必要な、善玉菌。

でももう一つ大事な事、善玉菌のえさもあげないといけないんですよ!
(これまた土づくりにも当てはまるんですよね。)


先日、テレビでもやってましたが、

長芋 しかも 生のまま  できれば 刻み

これが、善玉菌のえさには、とってもいいものなんですって。


芋の中のでんぷんは
加熱すると
胃で消化されてしまうんですが

生で食べると
胃で消化されず
腸まで届くそうです。

腸内にいる善玉菌に、たっぷりえさを提供するなら
生で食べれる長芋
できれば消化されやすい状態のとろろじゃなくて「刻み」

これがいいそうですよ!


次に「体温をあげる」

これにはにんにく、しょうがなどが最適でしょう。

この2つのくせのある野菜は共通して

抗菌、抗ウィルス作用がある。

私、偶然にもにんにくやなもんで、ちょっと実験してみたことあるんです。笑


家族で冬場、毎日一かけのにんにくを食べた年は
インフルエンザにかからなかった。

くちびるにヘルペスが出そうだなー
むずむずして痛痒い時、
もしかしてと思い
すったにんにくをかゆいとこに塗ったら
次の日、じゅくじゅくにならずに静かに引けていったこともあります。

恐るべし、にんにくの抗菌パワー。
って一人でにんにくあがめてました。





いろいろ調べて思ったこと

自分でできることをちゃんとしよう。

お出かけ我慢してお家で子供と猫いじってよう。

とりあえず、にんにく食べとこう。笑


以上。SAYAKAのつぶやきでした。

皆様もご自愛くださいね!!














にんにくのよしだ家 通信販売
にんにくのよしだ家 販売通販
「にんにく栽培情報」 「にんにく料理レシピ」 「にんにく販売」 「黒にんにく 通販」

\にんにく栽培の教科書を目指しました!/
農業生産法人株式会社よしだや オフィシャルサイト

にんにく栽培のコツや育て方を掲載! 農業生産法人株式会社よしだや オフィシャルサイト


| トラクターSAYAKA(別名:裏番長) | 09:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |